全身・肌の疾患

  • HOME
  • 全身・肌の疾患

アトピー性皮膚炎

主な原因

アトピー性皮膚炎は、強いかゆみを伴う発疹が繰り返しあらわれる皮膚の慢性的な病気です。皮膚のバリア機能の低下により、外界からの刺激に容易に反応し、かゆみや湿疹をくり返してしまいます。顔や首、ひじ、ひざなどにあらわれやすく、ひどい場合は全身に広がります。特に、アレルギー性の疾患を持っている方に起こりやすいとされています。

治療内容

「治らないのですか?」とおっしゃる患者様がすごく多いのですが、残念ながら、アトピー性皮膚炎は風邪のようにすっきり治る病気ではありません。自分自身の肌の体質を知って、うまく付き合っていくことが大切な病気です。アトピー治療の三本柱は「スキンケア」「ステロイドなどの治療薬」「アレルギーの原因物質を避けること」。この中のどれかひとつでも欠けてしまうと、症状が悪化します。そのため、当院では、どんなお薬がふさわしいか、また、しっかりお薬を塗れているかはもちろん、どんなスキンケアが良いのか、何のアレルギーがあり、そのアレルギーとどのように付き合うべきかなど、「治療の三本柱」を正しく行ない、ご自身で病気を上手くコントロールできるように、総合的なサポートさせていただいております。
アレルギー物質の検査は血液検査によって行います。また、治療薬に関しても、ステロイド以外に、「プロトピック軟膏」などの免疫抑制剤もあります。治療の基本となる外用治療も、以前とは大きく変わり、見た目がきれいな状態となっても、ステロイド・プロトピック外用を頻度を落としてしばらく継続する「プロアクティブ療法」が提唱されるようになりました。現在お使いのお薬に疑問を持たれている患者様や、これまでの治療で上手くいかなかったなど、何かお悩みがありましたら、一度相談に来ていただければと思います。

蕁麻疹(じんましん)

主な原因

蕁麻疹は、食べ物・薬・身体へのストレス等が刺激になり、皮膚の深いところで炎症を起こして、体の一部分あるいは広い範囲に赤い膨らみ(膨疹)があらわれる病気です。円形や楕円形などの膨らみが地図状にまだらに出て、症状が出ると、痒みを伴い、チクチクするような痛みがあります。かぶれや乾燥性の湿疹などの症状と蕁麻疹との決定的な違いは、蕁麻疹は24時間以内に一度消退し、再度出現する点です。蕁麻疹の多くは、夕方から夜にかけて出現し、翌朝には消失し、再び夕方になるとあらわれるといった経過をたどります。急に出現する急性蕁麻疹と、何年も繰り返している慢性蕁麻疹の方もいます。急性に始まった蕁麻疹を放置することで慢性化してしまうことがあるので、治療することが大切です。

治療内容

蕁麻疹は、皮膚の深い部分の炎症なので、塗り薬は効かず、飲み薬での治療になります。悪化すると喘息のようになったり、全身に症状が出たりするので、そうなる前に飲み薬でしっかりコントロールすることが大切です。症状の種類によっては、必要に応じてアレルギー検査をする場合もあります。一旦消失しても再度あらわれる症状のため、症状がひいたからと安心せず、すぐに受診していただきたいと思います。

ニキビ

主な原因

「ニキビは青春のシンボル」と言われたように、以前は10代の方が中心の病気でしたが、最近は20~40代でもニキビに悩まれている方が多くいらっしゃいます。10代のニキビは、皮脂の分泌による毛穴の詰まりが主な原因ですが、20代以降では皮膚が乾燥していてもニキビができます。例えば、心身のストレスや、女性の場合だと化粧品の影響や便秘、生理不順など、さまざまな原因が絡んでいます。思春期の間、数年間にわたって症状が続いた場合、痕が残ることがあり、心理的に大きな影響を与えます。痕が残ってしまうことを未然に防ぐために、なるべく早期に医療機関での治療を受けることをお勧めします。

治療内容

ニキビ治療のお薬は、近年、保険適用内のものでも、効果的なものが開発されています。12才以降の方であれば、毛穴の詰まりを改善するお薬が使えるようになり、ニキビを根本的に治すことができます。市販のお薬で改善が見られずに諦めている方は、一度、皮膚科のお薬をお試しください。また、当院では、塗り薬だけでなく、漢方をお出ししたり、スキンケアの選び方についてアドバイスをしたりと、総合的なケアによって、さまざまな要因にアプローチし、改善を目指しています。