その他の疾患

  • HOME
  • その他の疾患

虫さされ

主な原因

虫に刺されると、刺された箇所が赤く腫れて硬くなり、強い炎症を起こします。特に、汗をかきやすい夏場の虫さされは、痒みが出ると、掻くことで細菌が入ってしまいやすく、感染症に発展して足が腫れたりするケースもあります。強く掻くことは、痕も残ってしまいやすいので、痒みがおさまらないときや、顔を刺されたときなどは皮膚科の受診をおすすめします。

治療内容

基本的には、ステロイドなどの炎症を抑える塗り薬で治療をします。マダニに刺された場合など、飲み薬を併用した方がよい場合もありますが、大抵の虫さされの治療では、まずは、塗り薬で炎症を抑える治療をします。キャンプや登山などで、ご自身が何の虫に刺されたのかわからない場合でも、治療することができますので、そういった場合でも気軽に受診していただければと思います。

あせも

主な原因

あせもは、高温な場所や体温上昇によって多量の汗をかき、汗腺が詰まって発汗が妨げられ、汗が体外に排出されないことで起こる炎症です。痒みを伴なう赤いあせもと、痒みのない透明なあせもの2種類に分けられます。汗をかきやすい夏場を中心に、また、大人の2~3倍汗をかきやすいといわれる赤ちゃんに多くみられます。脇の下や首のまわりなど、皮膚が擦れ合う部分に起こりやすい炎症です。

治療内容

汗をかいたときに、自分の汗に反応してできる湿疹なので、こまめにシャワーを浴びたり、着替えたりして、皮膚を清潔に保つことが大切です。赤ちゃんの場合は、厚着になりすぎないように注意し、通気性のよい寝具を選んで、汗が排出されやすい環境を作れるよう、配慮が必要です。症状の緩和や再発防止には日々のケアが大事ですが、痒みが強い場合や炎症がおさまらない場合には、皮膚科を受診してください。症状に合わせて、ステロイドなどの塗り薬をご提案します。当院では、「赤ちゃんや子どもに強い薬を使いたくない」と心配な方にも安心していただけるよう、お薬の強さや量を十分に考え、使い方をしっかりとご説明させていただき、ご納得いただけた場合のみお薬をお出しするようにしております。小さなお子様も安心してお連れください。

円形脱毛症

主な原因

円形脱毛症は、何の兆候もなく、突然髪の毛が抜けてしまう病気です。十円玉ほどの大きさの脱毛が一般的ですが、頭部全体や眉毛などの体毛に及ぶものまで、さまざまな症状があります。これまで、ストレスが発症の原因だと言われてきましたが、現在は、毛根組織の免疫機能の異常が関係しているという説が有力です。そのため、年齢や性別に関係なく、体質によって発症すると考えられます。

治療内容

当院では、外用剤と飲み薬による治療を行なっています。自己免疫機能の異常を改善するお薬や血流を良くする効果があるお薬など、症状をみたうえで、最適なものをご提案しております。自然に治る場合もありますが、再発しやすく、また、後頭部などは症状が出ていてもご自身では気付きにくいので、発症した場合は一度、皮膚科を受診されることをお勧めします。