皮膚感染症

  • HOME
  • 皮膚感染症

いぼ

主な原因

いぼには、大きくわけるとウイルス性のものと、加齢によるものがあります。ウイルス性のいぼは、硬いしこりのようなものが、主に手や足の裏にできやすいほか、顔や陰部など全身に見られます。足の裏などでは大きくなると痛みを生じることが多いです。ウイルス性のいぼは接触で増える事もあるため、治療した方が良いでしょう。加齢によるいぼは、茶色いので、シミと思われている方も多いのですが、触ったときに周りの皮膚よりも少し盛り上がっている場合、いぼだと判断できます。こちらは放置していても問題はないのですが、体質によっては増えてしまうこともあるため、見た目の問題などで気になる場合は、治療することも可能です。

治療内容

どちらのいぼも冷凍凝固による治療を行なっています。 また、ウイルス性のいぼの場合は、ヨクイニンという飲み薬の効果も期待できます。 ウイルス性のいぼには、お子様の手足にできるものがあったり、女性の顔に細かくできるものがあったり、さまざまなものがあります。冷凍凝固による治療だけで良いのか、飲み薬も併用した方が良いのか、個々に診察させていただいたうえで、最適な治療方法をご提案しております。

水いぼ(伝染性軟属腫)

主な原因

水いぼは、ウイルスが皮膚に感染することによって起こる病気で、小学生以下の子どもに多くみられます。主に、胸やお腹などの皮膚の薄いところや、わきの下などの摩擦が起こりやすいところに、1~5mmほどの丸いイボが多発します。いぼの中には、ウイルスの粒が含まれており、 水いぼを掻いたり擦ったりすることで、このウイルスが拡散し、潜伏期間を経て、新たな水いぼが発生します。潜伏期間が14~50日ほどあるため、一度治療してよくなったあとに、再発してしまうことがあります。

治療内容

水いぼは放置していても、免疫で自然に治癒することもありますが、お互いの皮膚の接触で他人にうつるため、皮膚科での早めの治療をお勧めしています。保湿剤などで保存的に治療していても増え続ける時には摘除が必要かもしれません。また、発生した湿疹を掻いて、全身に広がってしまっている場合には、湿疹の治療も同時に行います。治療痕もほとんど残らず、きれいに治ることが多い疾患です。

ヘルペス

主な原因

ヘルペスは、ピリピリと軽い痛みを伴う水ぶくれができる病気で、単純疱疹と帯状疱疹の2つに大別されます。単純疱疹は、疲れた時や発熱時などの免疫力が低下している時に、口元や顔などの一部分にできるもので、一度症状が出てしまうと、生涯にわたってウイルスが潜伏するため、繰り返しやすい病気です。帯状疱疹は体の左右どちらか一方に、帯状に広く症状があらわれます。高齢になるとともになりやすく、80才になると3人に1人が経験すると言われています。特に、糖尿病の方やがんの治療中の方など、免疫が低い方は病状が悪化しやすく、神経痛が長びく傾向にあります。

治療内容

単純疱疹は、ウイルスの増殖を抑える塗り薬、あるいは少量の抗ウイルス薬の内服で治療します。免疫力が低下したときに発症するので、十分な睡眠と栄養を摂り、精神的・肉体的に安静にすることも大切です。 帯状疱疹は、水ぼうそうのウイルスが原因となっているので、抗ウイルス薬の飲み薬の服用による治療が中心となります。帯状疱疹は回復後も痛みが残りやすいので、発症した場合はなるべく早く受診していただきたいです。また、50才以上の方には、帯状疱疹の発症予防や発症後の神経痛の予防に有効なワクチン接種も行っています。